噛めないストレス

人間のストレスは歯と歯を合わせて噛むことによって解消されていると言われます。
これは、野生の動物が襲われたり、縄張りを侵害されたりした時に歯をむき出す時のストレスに起因されていると言われています。
1日24時間中歯と歯が合わさっている時間は、食事の時で15分位と言われています。
すなわち意識している時間で15分だけということです
この15分間でよく噛めば顎の運動と共にストレスが解消されるのです
噛むというのは、顎の運動なのです!
しかし現代人は柔らかいものばかりを好んで食べるためあまり噛めていません
というかまったく噛んでいないと言ったほうが正しいかもしれまいせん
その残ったストレスが無意識の噛みしめるにつながります
日常の歯科臨床で遭遇する歯の破壊に繋がっています。
心身ともに健全でストレスのない体にする為には
少なくとも一口、20回以上噛むことです。
今回から噛む事の重要性を何回かに分けてお話していきます。
だから富士歯科医院にキテ!キテ♪
富士歯科医院ホームページ

top


◎富士歯科医院にキテ!キテ♪
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001056924/index.html


to TOP